チラシやタウン誌は自営業者に効果あり?コスパを考える

この記事は2分で読めます

Fotolia_83437938_XS

自営業の方が自分のお店を宣伝する時にまず考えるのが、地元のタウン誌やチラシの配布ではないでしょうか?実際に私も経営をしていたころは、どんどんかかって来る営業電話のなかからやすそうなところにお願いして、数週間チラシ広告を入れたり、タウン誌に掲載してもらったことがありますが、その料金と集客率を考えると、そこまで効果は高くないのではないか?

 

そう思った経験があるので記事にしたいと思います。

 

タウン誌の広告量は10万円が相場!費用対効果はイマイチ

タウン誌って大体週に二回ぐらいの広告をうつと10万ぐらい余裕でかかります。駅前においてあるようなローカルのタウン誌に出すと30万ぐらいかかってしまいます。さてこの30万で本当に来客数が増えたか?というと私の場合はそうではありませんでした。今や情報はスマホ検索の時代においてローカルな紙媒体で名刺サイズの広告に数十万の資金を投資てもそこまで売り上げは伸びないのではないかと思います。

 

ちなみに私が担当していたのは「学習塾」の広告です。夏期講習前ならそれなりに効果がありますが、それでも電話で数件問い合わせがある程度、生徒に口コミの方がよほど効果が高かったと記憶しています。

 

美容サロンであれば結婚式や成人式のハイシーズン。飲食店であればクリスマスなどのイベントに向けて季節を狙い撃ちすればそれなりに、集客力はあり、必ずダメというわけではないのですがコストパフォーマンスがどんどん悪くなっていると思います。

 

iStock_000006476620Small

チラシの集客も1000人で一人程度!人件費がかさみ過ぎ

次に考えられるのがチラシ配りです。駅前、店舗前、マンション前のポスティングですね。飲食系は時間帯に合わせればそれなりの効果があると思います。ただそれ以外の自営業ですと、一万枚チラシを配って10人とかそんな数字でした。

 

ここに人件費をかけると数千円の赤字、さらにチラシ作成や印刷もも自社でやらないければコストがかさみます。カラーでたむとチラシは相当コストが高く、またゴミ箱などに捨てられてしまうとブランディングが下がってしまうので注意しましょう。

 

私自身も深夜のマンションに毎週末ポスティングに行きましたが、マンションの情報が得られなければ意味のない作業になりますし、管理人がいるところはチラシを全部捨ててしまう所もありますよ。毎日くるピザ、すし屋、床屋、不動産などのチラシに紛れてしまって特に集客効果がなかったと思います。

 

Young adult using a smart phone

 

今の時代はスマホ集客が主流でコスパが高いです!

私は実店舗の集客も、ネットの集客も両方やったので良くわかるのですが、今の時代は絶対にスマホからの集客を逃してはいけないと思います。人にとっての情報源としてスマホはなくてはならないものであり、ちょっとした店舗情報はグーグルに打ち込めばマップ付きで表示される時代です。

 

スマホ集客をしていかない自営業の方は、本当にもったいないと思います。スマホ集客の最大のメリットほぼ投資費用が掛からないこと。一度システムを構築しておけばメンテナンスが非常に楽な事。そしてネットの特性を利用して瞬時に大量の見込み客に宣伝ができることなどが挙げられます。

 

自営業のスマホ集客でやることはシンプルです

実はスマホ集客といった瞬間に頭が痛くなる人っているんですよね?そもそも自分はスマホを持っていないし、プログラミングなんかも分からないし、何をすれば店舗にスマホから集客ができるのか分からないという方が多くいますが。

 

別段スマホ集客は難しいことではありません。ただ単にこのようにブログを書けばいいだけです。ただどのようなキーワードやテーマにしてブログを作るのか?それによって見込み客のくる確率が全然変わってしまうのですが、とにかくスタートはブログを書くことだと思ってください。

 

基本的に文字さえかければ後は情熱の問題です。私のメルマガ会員様には自営業の方も大勢いて、実際の店舗集客にも成功していますので、是非とも参考にして下さい。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jieigyo

関連記事

  1. 2016-09-05_09h05_48
  2. HG081_72A
  3. Fotolia_102382259_XS
  4. Connected Minds series. Design composed of human profiles, wires, shapes and abstract elements as a metaphor on the subject of mind, artificial intelligence, technology, science and design
  5. a1180_009483-300x198
  6. HG086_72A
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。