個人が無料でお店を簡単に宣伝できる方法をランキング

この記事は3分で読めます

Businesswoman draw modern business concept

自営業の方で自分の店にどうやって無料で集客をするのか?ホームページを作ればいいのか?それともアメブロやFC2などのブログを作ればいいのか?フェイスブックやツイッターなどのSNSを使えばいいのかちょっと初心者の方には難しいと思います。そこで私が指導してきた中で楽にお店を宣伝できる方法をライキング分けしたいと思います。実際に店舗販売の売り上げまで結び付けた例を元に紹介します

 

 

無料で簡単にお店の集客ができる方法ランキング

 

icon-ranking1-1

アメブロとワードプレスの連動

 

 

とにかく無料で簡単にお店を宣伝したいのであれば、アメブロとワードプレスの連動が最高です。当ブログもこの手法を使っており、ツールを使用することで、アメブロ、FC2、シーサーブログ、ソネットブログなどにワードプレスから同時投稿をしています。

 

各ブログのランキング、地域情報などに記事が拡散することにより効果的にお店のホームページに集客が可能です。自営業者の方が集客でまず覚えてほしいのがこのようなブログ連携投稿からの拡散と集客のテクニックです。

 

 

 

icon-ranking1-2

 

ユーチューブとブログの連動

 

 

ブログと同じぐらい、いやそれ以上に店舗に簡単に集客ができるのが無料で使えるユーチューブです。サロン、ショップ、飲食、雑貨。なんでもユーチューブから集客が可能です。私が個人的に見た人は「ピザ釜職人」「サーフィンショップオーナー」「釣り道具の店主」などですが、非常にユーチューブを効果的に使っており、なおかつユーチューブからブログに集客をすることで、地域店舗にも見込み客を連れてくることが可能です。

 

 

 

icon-ranking1-3

 

ツイッターとブログの連動

 

 

ツイッターの場合は利用者が10代~20代前半ということも考えると、美容ショップ,サロン。中古ゲームショップの運営。低価格の飲食店などに非常に相性がいいと思います。見込み客の対象が中高年、シニア世代の場合はあまりツイッターからの集客は効果を発揮しません。

 

ただ、ターゲットが10代であればツイッターとブログの集客でいとも簡単にお店の集客が可能になりますよ!

 

 

 

icon-ranking1-4

フェイスブックとブログの連動

 

 

当ブログのサイドバーにもありますが、Facebookファンページとブログの連動をさせると、非常に集客に効果があります。Facebookの場合顔出しが基本なので、顧客としても安心感があり、いいね!を押してもらえば、タイムラインを通じて顧客のさらに友達の友達へと情報が拡散されて行きます。

 

Facebookファンページは無料でいくつでも作ることが可能。ショップごとに作っておくことで集客効果が期待できますよ!

 

 

icon-ranking1-5

掲示板やブログランキングからの集客

 

 

 

個人的にはあまり効果がないと思っているのが、掲示板やブログランキングからの集客です。SEO効果があるのでブログランキングに入るのは賛成なのですが、そこから実際の見込み客が獲得できるか?というとそうではないです。

 

また掲示板への書き込みも、宣伝行為と取られてしまい、すぐに削除されるばかりか、批判を浴びて宣伝効果がマイナスに働いてしまいます。

 

初心者が覚えるべきはブログ集客

 

とにかく個人が無料でお店を宣伝したいのであれば、ブログからの集客。つまり検索エンジンからの集客を第一に考えるべきです。しっかり作りこめば3か月後から非常にドメインが強くなり、1年、2年と経過すると放置しておいても一定数の見込み客が自分のお店に来てくれます。

 

フリーペーパーや有料のメディアに広告をお願いすると月に数十万から数百万かかってしまいますし、この宣伝広告費のせいで、実際の商品やサービスの低下を招いてしまっては本末転倒です。

 

 

基本的にブログ集客は、自分のお店のテーマに合わせて記事を更新するだけでOKです。詳しい内容はSNSの集客セミナーにまとめてあります。たまに無料で募集しているので機会があったら参加してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jieigyo

関連記事

  1. Young people sitting in classroom at lecture
  2. Connected Minds series. Design composed of human profiles, wires, shapes and abstract elements as a metaphor on the subject of mind, artificial intelligence, technology, science and design
  3. a1180_009483-300x198
  4. Fotolia_102382259_XS
  5. -shared-img-thumb-TSU853_morigirlkawamrua_TP_V
  6. social network sign and icons on blackboard
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。