自営業美容室のホームページの宣伝と集客法

この記事は2分で読めます

-shared-img-thumb-TSU853_morigirlkawamrua_TP_V

これで二人目なのですが、対面で美容サロンをオープンした社長さんの面倒をみることになりました。まあ、私の書くビジネスブログに共感してくださったといことで、ほとんど無料で引き受けることになりました。

 

ついでに、私が自営業の美容院経営者の方へどんなホームページの宣伝方法と集客を取ってもらっているのか、話しておこうと思います。

 

美容サロンの集客をしたければ地域密着ブログを作るなかれ!

アメブロなんかが典型なんですが、美容院や美容サロンをやっている方がこぞってやるののが、自分が店舗をもっている「地域名+サロン」などで上位表示を目指すことです。

 

東京+美容サロン

渋谷+美容サロン

代官山+美容院

 

こんな感じで一生懸命一位にするためにあがくわけですが、すでにこういうキーワードは大手のリクルートに取られており、何の実力も戦略もないみなさんが一位にすることなどできません。

 

そもそも、知名度の高いところに美容サロンをおいているならいいですが、そうではなく、マイナー地域で美容サロンをオープンする場合、検索ボリュームが非常に少ないのです。

 

つまり、頑張って上位表示してもあまり店舗に客が来ない。時間と労力の無駄遣いになります。

 

お悩み特化型の美容ブログを作れば全国規模の顧客を味方にできる

 

さらに踏み込んで書いておくと、みなさんの美容サロンに顧客が足を運ぶ理由は駅の近くにあるだけではありませんし、家の近所だからという理由だけでもありません。

 

特に客単価が高い顧客は近いという理由だけでは絶対に美容院を選びません。近くて安いだけなら1000円カットで十分なわけです。それよりも、自分の髪にコンプレックスを持っていたり、新しい自分のファッションを模索していたり、美容師さんとの話を楽しみに来客するのが優良客というものです。

 

そのような顧客を引っ張ってくるためには、まずは地域名で一位表示させることを目指すのではなく、全国の顧客の悩みをしっかり解決できるような、お悩み解決ブログを作るべきでしょう。

 

ヘアスタイル、ヘアケア、シャンプー、カラーリング、いろんな悩みがあるはずですよ?

 

若い客を相手にするのであれば、それこそ恋愛の悩みを発信しても構いません。逆転の発想も取ってください。

 

人気ブログができれば、そのブログをバックリンクに地域名で上位表示が可能です

私の場合5000キーワードぐらい、集客やネットビジネス関係で1位表示させているわけですが、はじめから競合の多いキーワードでどんどん1位にできたわけではありません。

 

それよりもニッチでマイナーなキーワード。そして悩みが深いキーワードで、人気ブログを作り、その武器を持って大きな市場に乗り込んでいったわけです。

 

これは美容サロンブログも同じです。ホームページも同じです。まずは顧客のためになる情報発信。それを徹底的に考えること。それが重要なのではないでしょうか?

 

2016-03-22_14h13_28

・・・美容師さんとして独立、ゆとりの時間を持って生活したい人は参考にどうぞ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jieigyo

関連記事

  1. massage-1237913_640
  2. Designer's desk with responsive web design concept.
  3. Connected Minds series. Design composed of human profiles, wires, shapes and abstract elements as a metaphor on the subject of mind, artificial intelligence, technology, science and design
  4. a1180_009483-300x198
  5. Fotolia_102382259_XS
  6. Young people sitting in classroom at lecture
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。