自営業でライバルが多い場合の集客方法は?

この記事は2分で読めます

run

自営業の方がホームページから集客を考えるというのは、現在では当たり前のことです。口コミだけで成功するというのは難しくなります。如何にしてホームページに人を集めて商品を販売する、ノウハウを伝える、お店を紹介するといったことが現在では重要となりますね。

 

この戦略は同業他社も行いますので、必然的にライバルが多い状態となります。同じようなホームページを作ってしまえば、アクセスするお客さんの記憶に残りませんので、次にインターネットにつなげて情報を探すときは、似ているライバルのホームページへアクセスすることになります。
ライバルと同じように集客しているのと、どんぐりの背比べになるので、Webマーケティングとしては失敗になるのですね。

 

他社と異なる条件を見つける

ライバル他社と同じようなホームページには、魅力がありませんよね。それでは、同業他社の多い市場では、勝ち抜くことはできません。
何か一つ異なることがあればいいのです。
他社と異なった何かを作り出すことで、ライバルが多い市場だとしても、新しい見込み客につながるということです。
他社が提供していない、異なった視点でホームページの集客をおこなえば、ライバルが多く、少ないお客さんを取り合うという事態を避けることが出来ます。
もっとも時間をかけずに、新規顧客を手に入れる方法の一つになります。

 
ただ、この異なった視点を持つということは難しくて、また異なった視点を持ったとしても、全くお客さんが反応しなければ意味がありませんよね。
見込み客が欲しい条件であり、他社とは異なる条件を作るということが必要です。

 

iStock_000015160433XSmall

 

視点を変えるためにはライバルチェックが最優先!

自分のホームページがマンネリしないようにし、同業他社との差別化を図るためには、同じような視点で物事をみていてはいけません。視点を変えるためには、他社のホームページを最低でも10サイトは分析していく必要があります。ライバルはどのような方法で集客をしているのかを知れば、新しい視点を持つことが出来ます。

 

例えば写真に力を入れていてインスタグラムを採用している。店長自らがユーチューブにででてPRしている。ツイッターで頻繁に来店情報を伝えているなど、さまざまな気づきがあると思います。

 
自分一人で、ライバルの提供していない条件を考えたとしても、比較する対象がなければ視点を変えることは難しくなりますね。そのため、自分と同じ業種のライバルのホームページはきちんと調べる必要があります。何が魅力的なのかということも、考えておくことが重要ですね。

 

 

アンテナを広げ、異業種分析しつつ、異なった人脈を持とう!

自営業の方で非常にブログやホームページの集客がうまい方は、同業種だけではなく、他のホームページの分析もして言います。他のサービスにはない魅力的なPR方法を見つけるには、既存の方法とは別の方法を模索しなければなりません。

 

既存の方法を打開するためにはアンテナを広げる必要があるのです。
アンテナを広げるためには、普段はあまり接しない人と接触したり、異業種のホームページを見ることで、多くのヒントを得ることが出来ます。
直接人脈を広げると、今までの知り合いとは異なる人なので、異なった視点を持っている可能性が非常に高くなります。そのような方と仲良くすることで、今までにはない画期的なサービスのヒントを得ることにつながるかもしれません。
現状を打開する魅力的な方法を得ることが出来るかもしれませんよね?

 

もちろん、現状の打開以外にも新しい発想につながる可能性もあります。
積極的に価値観が異なる人々の交流は、将来的に大きなメリットになる可能性が十分にありますよ!

 

2016-03-22_14h13_28

 

・・・もう少し具体的に知りたい方はコチラも参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jieigyo

関連記事

  1. Fotolia_75647684_XS
  2. osteopathy-1207800_640
  3. パソコンを楽しむ女性
  4. YUK_cafehitoyasumi500-thumb-747x500-2879
  5. Fotolia_82295630_XS
  6. filename556
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。