自営業者は老後に備えて副業しないとヤバい!在宅のオススメを紹介

この記事は4分で読めます

自営業者の老後について考えた場合、社会保障の不安、年金の目減り、消費税と医療費の値上がりとあまり良いことはないですね・・・。

 

私自身も独立して自分の家族を養っていかなければならない身となりましたが、今の時代一つの仕事にこだわるのではなく、業界の浮き沈みに合わせて別の収入源を持っていなければいけないと思います。

 

そこで今回は私が経験してきたなかで自営業の方が老後に備えてできるおすすめの副業を紹介したいと思います。

 

年齢を問わずできる自営業者のためのおすすめ副業

 

① ブログライターの仕事

 

これは、クラウドサービスで指定された語句に従ってブログの記事を書くサービスです。個人契約と会社の契約の2つがありますが、すぐに仕事が見つかるのはクラウドサービスです。

 

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. シュフティー

 

この三つは個人契約ができて1文字0.3~0.5円ぐらいです。大体時給にすると500円~1000円ぐらいなのですが、何時でもすぐに仕事が見つかること、そこまでクオリティーを求められないこと、採用から支払いまでのスピードが速いことなどから超初心者向きの副業だと言えるでしょう。

 

プロライターになると時給は1000円を超える

これららのクラウドサービスで時給1000円を超えるのはきついのですが、プロのライターになると時給1000円~2000円ぐらいの仕事が回ってきます。

 

なかでも「ザグーワークス」はかなり審査されて下手な文章を書き直しさせられたりしますが、ライターのレベルが上がってくると、時給が跳ね上がり、隙間時間の在宅で10万を超えることも出てきます。

 

ライティングの仕事は、家庭の雑学から芸能ネタ、スポーツの話題まで多々ありますので、自分の趣味に合わせて仕事を選べるのがメリットだと思います。

 

② せどりと転売の仕事

 

即金性が高い副業ということで、自営業者に人気があるのはせどりや転売ですね。特に自分の店で在庫を抱えている人は、一度試しにメルカリやヤフオクに出品してみることをお勧めします。

 

本当に要らないものを段ボール箱に詰め込んで送るだけです。写真もスマホでパパっととるだけで大丈夫です。売れるという感覚をつかむ方が重要で、不用品をネットで売る経験を積んでみると良いでしょう。

 

大手のオークションサイトは支払いもきっちりしています。長期安定的に収入を得るためには売れる商品を常に仕入れるノウハウが必要になってきますが、自分で目利きができる人は感覚でもなんとかなってしまいます。

 

自営業者の方で在庫に悩まない方はいないと思うので、チャレンジする価値は大です。在庫管理うまくなりますよ。

 

③ ネットショップ運営

自社で通販対応できる商品を持っている人ならネットショップの運営はマストだと思います。商圏を日本中に持てますし、代行業者を使えば自分でやるのは在庫管理だけです。

 

難しいのはネットショップの集客ですね・・・。販売サイトの構築や支払いなどの流通経路は確保できても楽天ショップから自分の商品を選んでもらうのにはかなりのスキルが必要です。

 

ただ、ショップ自体の維持費はかからないので、老後に備えて少しずつ勉強するのは良いでしょう。美容関連の通販ショップなどでは小さな小売りでも月商数千万はザラです。

 

自社で商品を持っていない場合は「ドロップシッピング」が良いと思います。

 

④ 株式・FX・仮想通貨投資

 

ハイリスクハイリターンのようなイメージもありますが、分散投資、ファンドや債券投資を使うことである程度までリスクはおさえられます。ただ大きく稼ぐためには勉強と、時間の確保が必要です。

 

元手が大きければ少額の動きでも安定した収入が見込めますので、しっかりとポートフォリオを組んで、勝負すると良いのではないかと思います。

 

特に自営業者にお勧めなのは自分の仕事に関連してる株式投資ですね。自分の業界の浮き沈みなどは自然と感覚で入ってくると思うので、それをテーマにした方が良いと思います。

 

私は長い間教師をしていたので、教育業界関連の株式を買っていました。「どこの生徒が増えている」みたいな情報にはみんな敏感なので、自分の会社だけではなくてライバル会社の株を持っていました(笑)

 

仮想通貨も去年ほどの動きはありませんが、ある程度落ち着いていますし、伸びしろは大きいです。

 

⑤ 不動産投資・マンション投資

これは最終形だと思います。中古マンションの一棟買いが値下がりもしなく売却益も高いので、私の友達もやってます。昔から戦争は土地の争いです。地主は最強と言うことで、老後に備えてマンション投資を考えている人も多いのではないでしょうか?

 

私の勉強のために「リート」(不動産の株式投資のようなもの)をやってみましたが、まだ資本金が十分ではないのでやっていません。借金などをしてやる副業ではないですね。

 

 

自営業の老後にもっともおすすめの副業はアフィリエイト1択です

 

 

とここまで書きましたが、老後に備えた副業で最もおすすめなものを1つだけ選ぶなら間違いなくアフィリエイトです。私も数々の副業バイトに手を出しましたが、これほど年齢を問わず勝負できる仕事はないです。

 

当サイトだけでも月に1万円くらいの売り上げが出ることもありますし、他にもブログを沢山作ると1万円のドル箱を複数持つことが可能です。

 

さらに自営業者の場合は経費の合算ができますので、ツール代、記事代、外注代などを全て経費計上すれば節税効果も、ものすごく高いです。

 

またブログの構築で養われる感覚は、顧客の心理把握、店舗のデザイン修正、販売セールス力の強化など上げたらきりがありません。

 

私は自営業者が今後10年を生き抜くためのアフィリエイト講座をコチラに作りましたが、すでにアパレルショップ、花屋、飲食、スポーツショップの経営者の方が参加してくれています。

 

ここで10万円稼げるサイトが1つでも作れれば、老後の目標貯金額が大幅に減ると思います。

 

 

老後に備えて4000万は副業で貯めないとヤバい!

 

老後破産という言葉は本当に現実味を帯びています。今までは2000万+年金で何とかと言われていましたが、それが3000万になり今は4000万でぎりぎりという時代です。

 

ざっくり今の生活費を計算しても月に30万ぐらいつかってしまっているひとは、貯金を増やして複利で稼ぐということをやっていかなければならないです。

 

私の友人も親の病気で生活が一気に暗転して、家を売って引っ越し・・・。みないな介護破産の話を聞きますし、住宅にしても今は2世帯では買えないので3世帯、4世帯住宅が出てきているという怖い話も聞きます。

 

副業で月に10万~30万あればいっきに生活が楽になります。まだ体力と知力が持つうちに何かしらの行動をした方が良いです。これから年をとっても良くなる見込みがなければやるしかない状況の人は多いです。

 

今が最低じゃなくて、これ以上に最低になる覚悟をもっておかないと自営業の生活は厳しいのです。

 

自営業方は危機管理能力は持っていると思うので、とにかく行動をしましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jieigyo
無料のアフィリエイト講義!モニター募集中。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。